2006年11月吉日
各  位
1フィート運動の会
沖縄県教職員組合
沖縄県高等学校障害児学校教職員組合
沖縄平和ネットワーク
沖縄人権協会
沖縄県憲法普及協議会
沖縄県歴史教育者協議会
 
「沖縄戦の歴史歪曲を許さず、沖縄から平和教育をすすめる会」結成の呼びかけ
 
 秋冷の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。日頃さまざまな活動にご奮闘されていることと存じます。
 これまで沖縄県内の7団体では、「つくる会」教科書採択問題、自由主義史観研究会「沖縄プロジェクト」問題、小中高の教科書での沖縄戦記述の減少問題など、共同しシンポジウム等を開催し、県民に広く問題を提起する役割を果たしてきました。
 現在、「岩波『集団自決』訴訟」など、沖縄戦歪曲の動きは更に活発となっており、この問題は教科書だけにとどまらず、日本全体の沖縄戦認識を揺るがすものとなる危険性をはらんでいます。
 私たちは、これらの動きに対して沖縄から声を上げ、これまでの沖縄戦研究と運動の成果を受け、この問題を広く県民に広げまた日本全国へ問題提起することが更に必要となっています。
 特に「岩波『集団自決』訴訟」は、11月10日公判も実施され、渡嘉敷島、座間味島におけるいわゆる「集団自決」について「隊長命令はなかった」とし、軍による命令・誘導により起こったとする沖縄戦研究の成果をふみにじるものであり、歴史事実を歪曲するものです。この問題に私たちは大きな声をあげとりくむことが重要になっております。
 これまで私たちは、シンポジウム実行委員会等を結成し、とりくみを進めてきました。しかし、運動としてのさらなる継続性及び広がりという観点が必要とも指摘されてきました。そのために、「沖縄戦の歴史歪曲を許さず、沖縄から平和教育をすすめる会」を結成し、幅広い団体に参加を呼びかけ、大きな県民運動としてすすめ、継続的かつ幅広い県民運動をつくりあげたいと考え、ここに多くの団体・個人に参加を呼びかけることといたしました。多くの方々とともにとりくみをすすめたいと考えております。運動の趣旨をご理解の上、多くの方々がご賛同、ご参加くださりますよう呼びかけます。
inserted by FC2 system